美容師としての想い。

普段自分が美容師として心がけている事、目指している事。

ヘアは人ありき、だと言う事。日常的にフィットしている事。

ただし、オートクチュール(その人の為のデザイン)である事。

デザインのワクワク感が相手(本人)にも自分にも感じられる事。

お客様の個性に合わせてちょっとアイデアを+して

その人の為だけのデザインに仕上げています。

このちょっと+する、という加減が僕はデザインする上でドキドキする

瞬間(一番楽しい瞬間)。振り幅はその人の持つパーソナリティに寄って変わるけれど、

共通するのは本人が受け入れられる範囲の中で新鮮さを

さりげなく提案できたら。。。という想い。そんな想いを抱きながら

日々サロンに立っています。

found 代表  門倉健治

コメントは受け付けていません。